目指している企業に近づいているか

社員を変えるから企業が変わるへ

業績が伸びない、売上が悪いなどの問題を抱えている企業も少なくありません。この場合、最前線に立っている社員を変えるのではなく、企業自体が変わるようにしましょう。企業が社員を大切にすれば、社員も必ず思いに応えてくれるでしょう。

従業員意識調査の流れ

調査の計画を立てる

従業員意識調査を行なうのであればまず始めに、どのような調査を行なうのか、どんな内容にするのかをまず決めなくてはいけません。この計画が回答結果の質を高めるので時間を掛けて計画しましょう。

実際に調査する

従業員意識調査を行なう場合には、業者などに依頼し、社内一斉に行なうようにしましょう。なぜなら部署別や分けて行なってしまうと、内容が広まってしまう可能性があり、回答が明確でなくなってしまうのです。

回答結果を分析する

意識調査で得た回答は、経営陣で分析しましょう。得た回答がどのような内容になっているのかをまず把握する必要があります。その後、会議や集会で意見を述べながら方針を定めていくといいですね。

改善・方針を定める

回答結果から情報が得られた場合には、改善点や課題を解決するための対策を行ないます。その時に一部の社員から意見を聞いたり、何か良い案がないか、情報を集めるのも効果的と言えるでしょう。

フィードバックを行なう

経営陣や一部の社員から得た案が可決した場合、これらを従業員にフィードバックします。これで従業員意識調査の流れは一度完結するのですが、定期的に調査を行ないより良い企業を目指していましょう。

どのような企業を目指すのか

パソコンを操作する人

たくさんの企業の中で

今現在、日本にはいくつもの企業があります。自分の企業がどのような立ち位置にいるのか、目指している企業に近づけているのかを知ることは経営者としてはとても重要なことと言えるでしょう。

企業の取り組み

企業の取り組みを決めるのは基本的に経営者や経営陣になります。様々な部分を考慮して戦略を立てていますが、その考慮の中に従業員は含まれていますか?従業員は戦略において欠かせない重要なカギになりますよ。

従業員意識調査

従業員意識調査では従業員が企業に対してどう思っているかを知ることが出来ます。経営者や経営陣は従業員の気持ちを知ることで、目指している企業になっているのかを判断することが出来るようになるのです。

広告募集中