企業に活かせる意識調査を行なう

優良企業と認められるために

優良企業という肩書きがあれば、優秀な人材も集まりやすくなります。企業にとって人材確保は重要な取り組みになるので、現在在籍している従業員の意識を知り、改善点を見つけて良い企業にしていきましょう。

従業員意識調査に重要なことランキング

no.1

従業員の気持ちを聞き出す

従業員意識調査で最も重要なことは、従業員の気持ちを聞き出すことになります。社員や従業員が何を感じ、何を思っているのかを知ることこそがこの調査の目的と言えると多くの企業が考えているのです。

no.2

同調圧力をかけない

従業員意識調査の結果を少しでも良くしようと、異論などを認めない、という方針を取ってしまうと意識調査の意味がありません。改善点を見つけ、企業を良くしていこうという認識が重要とされています。

no.3

的外れな質問をしない

従業員意識調査の質問のチョイスは重要になっています。的確な質問を設けておくことで質の高い回答結果を得ることが出来るのです。そのため専門業者に依頼して意識調査を行なう企業も増えています。

no.4

人物の特定を行わない

名前を無記名にすることで回答者が誰かがわからなくなります。しかし、情報の出処を探すためにIDの記載を要求する意識調査もあります。このような人物の特定が行えるような調査では本心が聞けなくなる可能性が高くなってしまうでしょう。

no.5

情報のフィードバックは経営陣で

回答結果をフィードバックするなら、まずは経営陣で行なうようにしたほうがいいとされています。社員の考えを考慮して企業に取り組むのが経営陣の役目になるので、きちんと方針が決まってから社員に報告しましょう。

従業員意識調査を活かす

男女

何のために調査するのか

従業員意識調査を行なう理由は企業によって異なるでしょう。しかし、この目的がしっかり定まっていなければ統計結果を企業に活かすことが出来なくなります。何のために従業意識調査を行なうのかをきちんと考えて実行しましょう。

何が問題かを聞き出す

従業意識調査は企業の仕組みや取り組みに対して、従業員が何に問題を感じているのかを知る機会になります。そのため、調査を行なう場合にも設問は従業員の気持ちを汲み取れるように工夫するといいでしょう。

集計結果のフィードバック

従業員意識調査の結果を社員にフィードバックする企業も存在します。しかし、フィードバックの行ない方次第ではコンプライアンスに引っ掛かる可能性もあるので、その点はきちんと考慮して行なう必要があるでしょう。

広告募集中